疑ったらきりがない

一昔前になってしまった牛肉偽装問題や食品偽装問題。
某国だけじゃなく日本も偽装しているところはやっているものなのだと誰もがわかりましたね。
そんな世間の事件からというわけではなくて、物事には裏があるのではないかと考えてしまうことが増えました。
先日、式布団を購入したんです。
ついていたタグには「アルプスの険しい自然環境の中で育つ羊は軽くてコシがあります。」なんて一文がありました。
本当にアルプスの羊なんだろうかと思っちゃいました。
それだけではなく、厳しい環境の中で育つと軽くてコシがあるのも何と比べているんだろうか・・・?とか。
だってそんなに高級な式布団じゃないんですよ。
フランス羊毛教会認定商品とありましたけど、これだって本当かなって。
疑ったらきりがないですね。(笑)

元薬剤師の私、転職はいい経験

昨日は私の娘の誕生日でした。
早いもので5歳になりました。
この前生まれて来たと思ったらもうこんなに大きくなって・・・と感じます。
女の子なので口もまあ達者なものです。
大人顔負け、とにかく頭の回転が速く、なんでも言い返してくる姿を見ると子供の成長も感じますね。
大人の10年なんてあっという間です。
子供の5年も早いんだから10年も早いもの。
あと5年も経つと10歳か・・・
しみじみ。

私は仕事をしているので子育ても半端なものだったかも知れません。
子供を出産するタイミングの時に前職を辞めて出産後に転職しました。
新卒で病院薬剤師として働いていましたが、やはり、前職は仕事の終わる時間等の都合が合わなく、子育てしながらは無理でした。夜勤もあったので。
だから転職は不可欠。
でも住宅ローンも残っているし、仕事はしたいし。せっかくの薬剤師の資格を無駄にするのはもったいないし。
それで転職をしたのです。
最初は調剤薬局かドラッグストアでパートか派遣で働こうと思っていたのですが、
色々なご縁があって、今の会社でメディカルライター担当として転職することが出来ました。
薬剤師の資格をいかせるのと、実は得意な英語力もいかせる仕事でした。
一般企業なので土日祝日がお休みであること、産休育休が取れるのでもし2人目が産まれても大丈夫だということも大きかったです。
調剤業務を離れることについては悩みましたが、調剤から一般企業に入るのはかなり難しいと聞きましたので、入社を決意したのです。
後はデスクワークに憧れていたというのも正直少しあります。笑。
私が働いているのは治験関連の会社ですが、医療系の広告代理店などでもこの職種は募集されることがあるようです。
メディカルライターに転職したい薬剤師の人は、エージェントに登録してみるといいと思いますよ。
私もそこで紹介されましたから。

転職してよかったことはたくさんあります。
職場を変えたことで、新しい環境になり、新鮮な気持ちで仕事が出来ます。
自分の仕事に対する新しい気持ちで、仕事の考えをを切り替えられたことで、今仕事を楽しく感じます。
元薬剤師や看護師の人も会社に何人かいます。
前職が同じ業界ということで、皆と仲良くさせていただいてます。
前職のあるある話なんかで盛り上がることもあって、楽しいです。

新卒の時は若かったから、ただお仕事してお給料もらうことしか考えていませんでしたからね。
今は経営側の気持ちも理解しながら働くようになれたように思います。