脳を活性化させる運動

みんなで向き合い、1番と言われたら相手の右肩をポイと叩く。 
2番は左肩。
3番はお尻をお知りをぶつけてみる。
4番目はハイタッチ。
言われた数字を大きな声で言いながらその動作をする。
出来ることが目的ではなく、できないこと、考えたりすることをが脳への刺激となって活性化する。
[クロックゲーム]
自分が時計の文字盤になったつもりで、言われた時間を複勝しながら針をあらわる
短針と長針をあらわす。
9時15分前など、難易度アップさせるのも面白い。
6時20分の30分後が物凄く難しですね。
手をあげるどころか、30分後がまず何時なのかってぱっと出てきません。
間違えても良いと言われても、私は全然できないです。
でも、できない!ってなっているときは一番脳が活性化しているおいしい瞬間です。(笑)

精神科における専門薬剤師業務

薬剤師の仕事、資格には、一般薬剤師以外にも『認定』『専門』薬剤師が存在します。

この認定、専門薬剤師には、がんの専門となる、がん専門薬剤師、感染症の専門には、感染症制御専門薬剤師が存在します。 また、今回ご紹介となる精神科における精神科専門の薬剤師は、名前の通り、精神科における専門薬剤師ということになります。

これら、専門、認定薬剤師は、社団法人日本病院薬剤師会の認定する専門薬剤師であり、精神科専門薬剤師に関しては、がん専門薬剤師、感染制御専門薬剤師に続いて認定制度が開始された専門の資格となります。

この精神科専門薬剤師の仕事とは、精神科薬物療法に関しての高度な知識及び技術をより患者さんの薬物治療を行う場合に、精神科医療の全体をきちんと理解した上で、安全且つ適切に行う事が目的となります。 そもそも、精神科専門薬剤師に求められる専門性というのは、精神疾患であるとか、精神保健福祉、または、向精神薬というような精神科における知識を持つ事、尚且つその知識を臨床薬剤師業務という業務においても反映できる技術となります。

中には、精神科領域という事に関して、カウンセリングの技術を取得するほうがいいのでは?と考える薬剤師さんも存在するわけですが、薬剤師における、この精神科専門薬剤師に関する専門性とうものは、カウンセリングの技術ではなく、『薬物治療に関する専門性』ですから、精神科専門薬剤師の役割、役目として、薬物治療における専門性が何より必要であるということがいえます。

感染制御専門薬剤師もがん専門薬剤師も基本は、その病気における薬物の知識を必要とされるもので、尚且つチーム医療が重要与なりますから、チームの一員として患者さんへレベルの高い治療を行うという事が、非常に大切な役割と言えるのです。

また、精神科専門薬剤師というものも、当然チーム医療となりますから、その中において、薬剤師としての知識を提供、技術を提供し、医師の処方設計への関与を行い、効果や副作用、相互作用等のモニターへの薬学的なケアを行い、看護師をはじめとする医療スタッフへの薬剤に関する情報の提供というのが、精神科専門薬剤師の役割ともいえるのです。

いずれの専門薬剤師においてもチーム医療が重要となるのですが、精神科におけるチーム医療の特徴として、実は、医師や看護師他医療従事者によるチームと言うだけでなく、患者さんを含め、その家族もチームの一員であるという事なのです。

薬剤師の離島での求人も人気です。離島での総合求人情報もみてみましょう。今なぜ離島が人気なのかがわかると思います。