小児生活習慣病

子供のうちからぶくぶくと太っていると小児生活習慣病になることもあります。
甘やかして食べたいものを食べたいだけあげていたら、その子の将来のためになりません。
子供のうちから肥満になっていると大人になってからも同じです。
そして若いうちから生活習慣病になってしまうというリスクは高いのです。
親御さんが肥満の場合は子供も肥満になる確率も高いです。
これは遺伝的な問題というよりは、親御さんが太ってしまう食生活をしているからというのが大きいようです。
家族そろっての食卓はすばらしいことです。
しかしその量が多かったり、欧米食のようにカロリーが高いことが原因です。
あとは生後一年間で体重が急激に増えた場合も要注意です。
赤ちゃんは生まれてから一年間で脂肪細胞が増える時期があります。
この時期にカロリーコントロールがうまくできないとその後の肥満度が大きく決定してしまうからです。
お子さんを持ち、日々の暮らしもあって大変になります。
お子さんの将来もかかっていることを少しでも気にしながら、念頭にして健やかな将来になるといいですよね。